ロードセルの使用上の注意や購入できる場所など色々な知識の紹介

電気はかりや試験機、体重測定などを行う各種測定器などで使われているロードセルは、さまざまな業界で検査やデータの集計を行うのに必要なものです。ものの重さや質量を計測して、その結果をデータとして電子化する仕組みになっています。電子化されたものはモニター画面に表示されて、印刷もでき、そのデータ保存も可能です。一連の処理を正確に迅速にするためにロードセルは欠かせないものです。同じような役割を果たすセンサーもありますが、他のセンサーと比べてのメリットは、値段が安く寿命が長いという点です。そして形で分類すると4つの種類がありますので、使用する個所に合ったものを選ぶことが可能です。4つの種類とは、ビーム型、コラム型、S字型、タイヤフラム型です。それぞれの特徴を生かして製品となるのです。

ロードセルの仕様には疲労寿命もある

ロードセルはアルミや鉄、ステンレスなどの金属で作られています。そして仕様項目のなかに寿命がありますが、定格容量という、そのロードセルの性能としてどれくらいの力を加えることが可能かという値です。たとえば10万回とすると、それ以上の負荷がかかった場合、性能が発揮できないことがあります。つまり疲労寿命です。そして急な衝撃を与えると、定格容量以上の負荷がかかることがあります。他にも長時間、定格容量以上の力を加えたりするのも正しく性能が発揮できない要因となります。不適切な方法で使われたり、管理がきちんとされていなかったりしても同様です。電源ケーブルや信号ケーブルなどの繊細なものが入っていることを忘れないようにしてください。仕様の疲労寿命をまっとうできるように丁寧に、使用方法を守って使用することが大切です。

さまざまなシーンで活用できネット購入も可能

さまざまなシーンで使用されているロードセルは、DVDや携帯電話などにも活用されています。測定器と一緒に利用することで性能を発揮します。防湿処理がほどこされているものもあれば、小型で軽量のものなど、用途に応じて選ぶことができます。そして取り付け設置も簡単ものが増えてきています。計測システムや、制御システムを扱っている企業者やショップで売られていますし、今はネット通販でも購入することができます。耐腐食性を要求するプラットホームに適したものなど、販売店がたくさんあるアイテムのなかからおすすめなものをリコメンドしてくれますので、インターネットで探してみるといいでしょう。繊細な商品でありながら、1円玉サイズの小型のもので室内外問わず使用できる耐久性の高いものもあります。日々開発が進んでいますので、気になる販売店に問い合わせてみるといいでしょう。