ロードセルが使われるシーンや必要な場面

力の大きさを電気信号に変換する物がロードセルです。重さを数字で表す電子はかりに必要な重さ測定器です。つまり力測定が行われるところであればどこでも使用することが出来ます。直接見た方は少ないと思いますが私たちの生活に近い物だとキッチンはかりや体重計などに使われています。ロードセルを使用することで品質向上、生産性向上や製造の精度の向上、コストダウンなどに役立っています。そして他のセンサーと比べるとロードセルは値段が比較的安く、寿命が長いと言われています。ロードセルは産業の発展とともに多く使用されるようになりました。ロードセルを使用することでデータをすばやく精密に電子化して集計し、それをコンピュータに表示することが出来ます。また生産した物の中にある不良品の数を特定することも出来ます。

ロードセルの種類にはどのようなものがあるか

ロードセルは、用途に応じて多数の種類が生産されています。大きく分けるとビーム型やコラム型、S字型やダイヤフラム型があります。ビーム型のロードセルは最も多く使用されているタイプで様々な計測作業に適しているといえます。薄型構造でスペースが限られている場所にも組み込むことが出来ます。コラム型のロードセルは構造が単純にできていて、大容量の物でもサイズを小さくすることが出来るのが特徴です。一般的な測定の範囲は2~300トンになります。S字型のロードセルは引張状態、圧縮状態どちらでも出力が出来ます。両側からの負荷を秤量しないという特徴があります。ダイヤフラム型のロードセルは高さを低くできるのが最大の特徴です。また横荷重体力もあります。ロードセルは同タイプの物でも各メーカーによって特徴が変わりますので使用場面によって最適な物を選ぶようにすると良いです。

ロードセルの寿命はどれくらいか

ロードセルの材質はアルミや鉄、ステンレスなどの金属が使用されています。定格容量で何回まで負荷をかけられるかが表示されていますが、それを超えると疲労寿命となりロードセルの仕様に定められた性能が出なくなる事が考えられます。それ以外にも定格容量以上の力を長時間にわたり加えたり、急に衝撃を加えたりするとロードセルが壊れてしまう可能性があります。ロードセルは使用、管理、保管などが正しくされていれば半永久的に使用することが出来ます。ロードセルは種類によっても異なりますが一般的なロードセルの場合、100万回以上の疲労寿命があります。そして、きちんと使用方法を守って適切に保管、保護をしておけば疲労寿命以上の仕様も可能になります。またメーカーによっては繰り返し負荷に対する寿命が長い物もあります。